article

トレチノイン治療に必須の薬、ハイドロキノン

投稿日:

スポンサーリンク

ハイドロキノンとは?

前回の記事で、「トレチノイン治療中は肌のバリア機能が低下する」「日光(紫外線)に過敏になる」と書きました。このようにバリア機能が低下している肌のターンオーバー期間にも、シミの原因となるメラニンは生成されます。つまり、トレチノイン治療期間中はシミができやすい肌になっているということです。シミの原因であるメラニンをどうにかしないと、シミだらけの肌になっていまいかねません。そして、シミ対策のために使うのがハイドロキノンです。メラニンはチロシナーゼと呼ばれる酵素が作用することで生成されます。ハイドロキノンは、このチロシナーゼの働きを抑制して、メラニンの生成を防ぎます。この特徴から、ハイドロキノンは、シミ、肌のくすみ・黒ずみの治療に用いられてきました。また、皮膚が向けた後の色素沈着を防ぐ効果もあるため、トレチノイン治療には欠かせない薬です。しかし、トレチノイン同様に、ハイドロキノンも使用に注意が必要です。

ハイドロキノンの副作用

ハイドロキノンを使用すると、赤みや炎症が出る場合があります。これらの症状が発生したとしても、通常は数日で消えますが、症状が続いたり、悪化した場合はすぐに使用を中止しなければなりません。またごく稀に、塗布した箇所が茶色く変色する場合があります。これは長期間使用した場合に、発生する可能性があるそうです。この症状が出ても、当然即使用中止です。ハイドロキノンは酸化しやすく、酸化すると効果を失うため、酸素に触れないように保管しなければなりません。また、光に当たることで、毒性を持つ物質となり、肌を痛める原因となります。ハイドロキノンを使用したら、必ず上から日焼け止め(SPF50以上)を塗りましょう。

まとめ

さて、今回はトレチノイン治療には必須のハイドロキノンについて書きました。

  • トレチノイン治療期間中は、シミができやすい肌状態となる
  • ハイドロキノンは、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する
  • 副作用によって、肌を痛める恐れがあるため、注意して使う必要がある
  • 保管方法に注意する

ハイドロキノンの入手方法についてはこちら

ハイドロキノンの使用方法・保管方法についてはこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-article


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シーズン2 – Day 35 トレチノイン毛穴治療~赤み収束

スポンサーリンク シーズン2 – Day 35 トレチノイン毛穴治療~赤み収束 トレチノイン治療シーズン2を始めて35日目が経ちました。週に1度の更新を目指していますが、遅くなってしまい申 …

大人気BIHAKUENのトレチノイン・ハイドロキノンが売り切れ中

スポンサーリンク 大人気BIHAKUENのトレチノイン・ハイドロキノンが売り切れ中 こんにちは。 私が毛穴治療に使用しているBIHAKUENのトレチノインとハイドロキノンクリームが人気のため売り切れて …

トレチノイン毛穴治療シーズン2 開始

スポンサーリンク トレチノイン毛穴治療シーズン2 開始 こんにちは。 ご無沙汰しております。 忙しい仕事も何とか片付き、無事今年の仕事納めを迎えることができました。 正月休みに入ったので・・・・・・ …

シーズン2 治療方針

スポンサーリンク シーズン2 治療方針 さて、前回の投稿でお話したシーズン2の目的は以下の通りです。 トレチノインによる副作用を抑えつつ、肌のハリや毛穴の開きを改善する 長期的かつ継続的にトレチノイン …

ヒト成長ホルモンで老化を防ぐ!

スポンサーリンク ヒト成長ホルモンで老化を防ぐ! お久しぶりです。都内では桜の季節も終わり、すっかり暖かくなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか? 私はGWが待ち遠しい反面、花粉(ヒノキ?)に悩 …

全記事一覧

毛穴が閉じたら1票

スポンサードリンク


異なる濃度のトレチノインを購入したい場合はこちら

シーズン2で使用するセット:
ハイドロキノン20g+トレチノイン0.025%